Loading

Make Mii Official BLOG

原点回帰。

私の人生初めての海外は大学生の時。

春休み、3ヶ月の個人留学、行き先はイギリス。

1年間父を説得した末の念願のホームスティでした。

パスポートを取ることも成田空港も国際線も

当たり前だけど初めて。

青森の田舎娘が一人で右も左もわからない国の

しかも首都ではない街へ行く。

今考えてみると何でそんなチャレンジをしたのか

全く覚えてないのですが

きっと今の私の原点はここにある。

それを昨年ある方に気づかせていただきました。

行くときも行ってからもさほど不安はありませんでした。

唯一不安になったのは

ヒースロー空港からホームスティ先まで個人タクシーで向かう時

とってもいい人そうなおじさんだったんですが

着いたのが多分午後だったんでしょうね

(全然覚えていない)

向かう途中にどんどん日は暮れて

どんどん田舎道になって雨も降ってきて

私どこに連れていかれるんだろう、大丈夫かな

とふと思ったことを覚えています。

無事、ホストファミリーの家に着いて

どんなにホッとしたことか。

お母さん、お父さん、足が悪くて車椅子だったおばちゃん、

それからブラジルからの留学生の男の子。

あとから聞いたのですが私はスティ先がとてもラッキーだったようで

異性の留学生がいるなんて相当学校に信頼されてないと無いみたい。

確か2つか3つ下だったはずだけど、子供っぽすぎる私を見て

帰国するまで「mayumiが年上なんて信じられない」って

ずっと言ってました。笑

パトリック、元気かな。

近くに住んでる娘さんはパートナーとの間に

可愛い可愛い双子の女の子達がいて

でも結婚はしてないからパートナー。

そう言えばお母さんとお父さんもそうでした。

あの3ヶ月でとってもとっても大切なことをたくさん

ほんとにたくさん学んだということを

最近になってから気づきました。遅ッ。

本当に色んなことが刺激的で楽しくて

出来るならそのままイギリスにいたかった。

絶対また海外に、と思っていたのに

気づいたらとってもとってもとっても遠回りしてました。

でもパトリック風に言えば「This is the life.」。

私がイギリスに行く半年も前から留学していた彼、

ブラジルに残してきた彼女は、

留学中に彼女がお兄さんと付き合いだしちゃったらしい。

そんな話を朝ごはんを食べながら明るくしてくれた。

そして最後にthis is the life.って。

悲観してるならThat’s life.かなと思うのだけれど

そんな経験も人生の醍醐味、大切なことだよ

ってことでしょうかね。

イギリスというWordを周りから聞くことが急に増え

そういう時ってご縁があるって前触れだったりするので

そんなことがあればいいなぁと思いながら

あの頃の自分そして経験と今の自分の

点と点を繋ぐ作業をしてみたりしています。

インスタやってます。

Mayumi Tonosaki(@bihada.bancho)

Mayumi Tonosaki(@makemii2017)

ポイントは「ゆるく」。

先週の一冊。

関連記事

  1. はじめます!

    2017.11.15
  2. 美肌番長®って?

    2018.01.05
  3. 新年度。

    2018.04.03
  4. 肌は口ほどにものを言う。

    2018.01.09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP